病院で細胞検査士として働いています

世間ではあまり知られていな仕事かもしれませんが、一言で言えば人の体のいろいろな部位から、各種の方法で細胞を採取し、顕微鏡で悪性細胞がないかどうかを調べます。

あるいは細胞の形態的特徴から、良性腫瘍や炎症などの悪性腫瘍以外の病気の診断も行います子宮がんなどのがん検診や、病院やクリニックで、他の検査などでがんの疑いのある人の精密検査に関わり、早期のがん(治療のできる)を発見できた時には喜びを感じることができます。

やりがいのある仕事といえる点が、仕事の良い点とも言えます。

そのためには、まず基礎的な知識や技術を学び、学会の認定資格を取得する必要があります。

尚且つ、仕事を始めてからも、日進月歩の医学的な新しい知識を常に学び続ける必要があります。

仕事のミスは人の生死に関わることであり、けっして悪い点とは言いませんが難しくて責任の重い仕事です。

http://xn--r8j3a9a1dtfo363axepcu6b5oza.com/

親名義で自動車保険に契約の車を子どもが運転する時の注意点

子どもが運転免許を取得し、親の所有する車を運転するというケースがあります。

該当の車に親名義で自動車保険に契約している時、運転を始める前に何点かチェックしておく点があります。


まずは運転者の年齢条件で
す。

自動車

運転者の年齢条件というのは、何歳の人が被保険車両を運転していた際に起きた事故をその自動車保険で補償するかを決めておくものです。


年齢条件は、通常4
コースの中から選択できます。

それは、全ての年齢の運転者を補償する全年齢担保、21歳・26歳・30歳以上の運転者が運転していた時の事故だけをそれぞれ補償するという、21未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保の4コースです。

運転者の年齢条件と保険料の関係は、若い人が運転する年齢条件を選択するほど保険料は高く設定されます。

子どもが親の車を運転することになったら、親名義の保険の運転者年齢条件は必ずチェックします。


それまで
親だけが運転するということであれば、親の年齢に合わせた年齢条件になっています。


例えば30歳未満不
担保という条件になっていて、19歳の子どもがその車を運転するということになれば年齢条件を30歳未満不担保から全年齢担保に変更する必要があります。

運転者の年齢条件は契約の満期時以外、契約期間の途中でも変更の手続きができ、高くなる保険料の差額を契約期間の残りに応じて支払うことでようやく子供の年齢条件で補償されます。

さらに、親名義の車を子どもが運転するにあたっては運転者の限定特約の内容も要注意です
運転者限定特約というのは、その車を運転する人、保険の対象となる人の範囲を狭く設定しておくことでリスクを下げ、保険料が割引きされる特約です。

運転者限定には記名被保険者本人のみ・夫婦限定・家族限定の3タイプがあります。


ここで注意が必要なの
が、家族限定でいうところの家族の範囲です。

自動車保険の家族限定特約では、記名被保険者とその配偶者、同居の親族、別居の未婚の子どもまでを家族の範囲としています。


ですから、別居の子
どもが親名義で家族限定特約付きの自動車保険に契約している車を運転する場合は、その子どもが未婚であれば家族限定の範囲内と見なされますが、既婚の子どもであれば家族限定の家族とは見なされないために運転中に万が一事故を起こしてしまうと保険の適用が受けられないことになります。

この場合は、別居の既婚の子どもが運転する可能性があるならば親名義の自動車保険の家族限定特約を無効にする手続きをしておかなくてはなりません。


自動車保険の更新時に費用を安くする方法はこちらをチェック